トム・クルース主演の映画
' 7月4日に生まれて ' を観て、、、感想は凄いの一言。
何が凄いかは、トム・クルースの演技。
恰好いい二枚目の役とはうってかわって、
ベトナム戦争で負傷した帰還兵の車椅子の男の役。
とにかくこのトムの演技が強烈に凄い!
何と、この映画の為に一年間、車椅子で生活をしたとか。
そのプロ意識然り、情熱が画面から伝わってきました。

癒されるというよりは、力が湧く! 映画かな。

因みに、トムの役は実在の人物です。
アメリカ人にとって7月4日は特別な日、独立記念日。
そんな独立記念日に生まれた男が、ベトナム戦争で負傷して帰還して、
その後の人生に自分の居場所を見つけられるか?って話です。
image